湿気対策の方法 【賃貸編】

お電話でのお問合せ

076-203-9334

【営業時間】9:00~18:00 【定休日】日曜日・祝日

2020年09月29日

湿気対策の方法 【賃貸編】

気密性の高い賃貸マンションや賃貸アパートでは比較的湿度は高くなってしまいます。
湿気対策として以下の方法をご紹介します。

(1)換気扇をつける。
窓を開けてキッチンの換気扇をつけると通気性が良くなります。
外出されているときでもキッチンの換気扇をつけておくとより効果があります。

(2)洗濯物の部屋干しを控える。

一人暮らしの方で夜に洗濯をして日中は部屋に干しっぱなしにすると湿度が高くなりますので出来るだけ外に干すと湿気対策になります。


)靴箱、クローゼットを定期的に開けておく。
靴箱やクローゼットを外出されるときに開けておくとカビ予防にもなります。
 

)除湿剤をおく。
100円ショップなどで売られている除湿剤を靴箱、クローゼットなどに置いておくと一定の除湿効果になります。

)タンスや本棚の配置を調整する
タンスや本棚を設置する際に壁にぴったりとつけて配置すると通気が悪くなりますので、壁から5~6cm程度はなして置くと湿気対策になります。

ページの先頭へ